色々な場面で使えるレンタルWifi

国内での旅行にも

レンタルのWifiルーターを使うのに、最も適しているシチュエーションの一つは短期の国内の旅行や出張であると思われます。
特に日本の場合は、あまりフリーのWifi環境も整っているとは言えず、さらに環境があったとしても登録が必要であったりセキュリティに不安があったりとなかなか使いづらいものではあります。

このような場合、レンタルのWifiがぴったりです。
「手軽」かつ「短期なら安価」であるというレンタルWifiの利点が全て当てはまります。
受け取り・返却を郵送でできる場合も多いので、出張先・旅行先で受け渡しができるのも便利な点です。
おそらく、これがレンタルWifiの最もオーソドクスな使い方ではないかと思われます。

「隙間」を埋めるのにも使えます

また、レンタルWifiの別の利用法として、「つなぎ」や「お試し」につかうというものもあります。

どういうことかというと、レンタルWifiはWifiを契約するのに比べて「手軽」かつ「短期なら安価」であるという特徴があります。
ですから、例えば据え置きのWifiを契約してから使えるようになるまでの約一週間の間の繋ぎにレンタルをしたり、ポケットWifiの契約をするかどうかをレンタルWifiで試してみてから決めたり、ということができるわけです。

レンタルWifiは使うのに面倒な手続きもすくなく、必要がなくなればすぐに解約できるのでそういった利用ができます。
こういった柔軟な使い方ができるのもレンタルWifiの良いところです。


▲ TOPへ戻る